美肌にもダイエットにも効果的なウリ科野菜、ゴーヤー

体内の水分やミネラルを補給し、体にたまった熱を取り除いてくれるウリ科野菜。きゅうり、ゴーヤー、スイカなど、暑い夏にかかせない爽やかな野菜たちです。九割近くが水分なので、いくら食べても太る心配はありません。利尿をうながす働きもあるので、むくみを改善したり、便秘の解消に一役買ってくれたり。中国では、古くから湿気の多い時期の胃腸を元気にする漢方薬として珍重されてきたそうです。

その中でも、特に機能性が高いのがゴーヤーです。ヒドロキシラジカルと言う、ストレスや運動によって発生し、一度発生すると体内の酵素では消すことの出来ない活性酸素を、ゴーヤーは消去してくれます。老化防止にぴったり。さらに、食後の血糖値の急上昇を抑える効果もあるので、白米を食べるときはゴーヤーチャンプルーをおかずにいただくとベスト。血糖値が気になる人は、一日に百グラム程度のゴーヤーを食べましょう。

独特の苦味がゴーヤーの旨みではありますが、あまりにも苦すぎるとやはり食べにくいもの。油や乳製品、カツオ節と一緒にいただくと、その苦味も緩和されますよ。ただし、ビタミンCが豊富に含まれているため、長時間の加熱調理は避けましょう。買って来てすぐに食べない場合は、塩水に軽くつけてキッチンペーパーで包み、冷蔵庫に入れておくとパリッと新鮮なまま保存ができます。

味噌汁に入れても、おひたしにしても、豆腐やたまごといためてチャンプルーにしても美味しいゴーヤーですが、たまにはちょっとオシャレなメニューに挑戦してみましょう。

輪切りにし、わたとタネを取り除いたゴーヤーに、ひき肉、にんにく、塩、ナツメグ、パプリカプダーをよくこねたものをつめていきます。フライパンで両面に焼き色がつくまで焼いたら、トマト缶を加えて十分程度に混みましょう。仕上げに塩コショウ、粉チーズを振れば、立派な洋風おかずの出来上がりです。子どもから大人まで、美味しく食べられるゴーヤー料理です。

パワーストーン

脱毛 男

リサイクル処理 大阪

レンタルサーバー 比較

レンタルサーバー おすすめ